一括価格高騰「Google Pixel 6a」「iPhone SE3」スペックを抑えた廉価版2機種に迫る

Google Pixel

Google Pixel 6a と、iPhone SE3 の、一括価格が、跳ね上がっていました。

一時は、両スマホとも、一括:1円 で、販売されていましたが、それが、夢のような価格と思える、金額まで、上がっています。

端末の在庫が無くなっているのか? それとも、次の一手のために、鳴りを潜めているのか? いづれにしても、この価格では、買えません。

一括価格高騰「Google Pixel 6a」「iPhone SE3」スペックを抑えた廉価版2機種

2023年 年末年始のスマホ特価も終了したところで、売れ筋の、2機種について、実売価格を調べに行きました。

行ったところは、いつもお世話になっている、エディオンになります。

一括価格

今回調べたのは、下記の2つになります。

  • Google Pixel 6a
  • iPhone SE3

どちらも、廉価版で、定価が安いので、値引きと相まって、売れ筋の機種になります。

ちなみに、他のスマホも価格など見て回りましたが、これと言って、特別な価格で販売している、スマホはありませんでした。

しかし、なぜか、カウンターは、お客さんでいっぱいでした。

今後、一括価格どころか、実質:1円 も無くなる可能性もあるので、今のうちに、と考えた、お客さんが、多かったのかもしれません。

2機種の価格

機種価格
Google Pixel 6a一括:9800円
iPhone SE3一括:14800円
iPhone13実質:1円/月

実質価格とはなりますが、iPhone13は、継続して、実質:1円 で、販売していました。

感想

どちらも、高いです。

どちらも、一括:1円で、販売していたこともあるので、この価格は、跳ね上がり過ぎかと感じます。

異常な価格は、どちらかと言われれば、一括:1円が、異常かもしれませんが、格安スマホを、追い求めている私にとっては、頷けない価格であります。

一括:1円の情報は、下記でまとめていますので、参考にしてください。

Google Pixel 6a の特徴

Google Pixel 6a

Pixel 6 シリーズの、廉価版で、性能は、Google Pixel 6 に近いのに、低価格に設定されています。

Google Tensor チップが搭載され、メモリーLPDDR5ストレージUFS 3.1 と、高速仕様 になっています。

Pixel 6 との違い

Pixel 6 との主な違いは、下記の通りです。

  • メモリー容量が、8GB ⇒ 6GB
  • ディスプレイサイズ 6.4インチ ⇒ 6.1インチ
  • カメラ画素数 5000万画素 1/1.31型 ⇒ 1220万画素 1/2.55型

Google Pixel 6a の、主な特徴

Google Pixel 6a
  • プロセッサーに、「Google Tensor」搭載
  • メモリ6GB_LPDDR5 ハイスピードメモリー
  • ストレージ 128GB UFS 3.1
  • 6.1インチ 有機ELディスプレイ
  • メイン 1220万画素 デュアルカメラ搭載
  • nanoSIM + eSIM DSDV
  • 5G通信対応
  • 防塵防水・おサイフケータイ
  • 消しゴム機能搭載

Google Pixel 6a の、詳細は下記でまとめています。参考にしてください。

Google Pixel 6a のデメリット

安くても、なかなか、買うところまで、踏み込めないと思える、デメリットが、2つあります。

  • 5Gバンド n79 非対応
  • シネマスティックぼかし 機能非搭載

5Gバンド n79 非対応

これは、ドコモだけが使っている、5G通信バンドになります。

ドコモだけでなく、ドコモ回線を使っている、MVNOなども、影響を受けます。

Google Pixel シリーズが、ドコモから発売されない憶測として、語られてる点でもあります。

何とかして貰えないだろうか。

シネマスティックぼかし 機能非搭載

Google Pixel 7 から追加された機能で、背景をぼかした、動画を撮ることができます。

残念ながら、Pixel 6a は、この機能に、非対応です。

Google Pixel 7については、下記でまとめています。参考にしてください。

iPhone SE(第三世代) の特徴

iPhone SE(第三世代)

APPLE iPhoneシリーズの、廉価版で、2022年3月に発売されています。

プロセッサーは、iPhone13と同じ、A15チップが搭載され、廉価版とは思えない、スペック仕様となっています。

iPhone13 との違い

iPhone13 との主な違いは、下記の通りです。

  • ディスプレイサイズ 6.1インチ ⇒ 4.7インチ
  • デュアルカメラ ⇒ シングルカメラ
  • 顔認証(Face ID) ⇒ 指紋認証(Touch ID)

iPhone SE(第三世代)の、主な特徴

iPhone SE(第三世代)
  • プロセッサーに、A15 Bionicチップ搭載
  • 小型、4.7インチ:Retina HDディスプレイ
  • リア、1200万画素 シングルカメラ
  • 防塵防水・APPLE pay おサイフケータイ
  • デュアルSIM(nano-SIM + eSIM)DSDS(DSDV)対応
  • デュアルeSIMにも対応
  • 5G通信対応

iPhone SE3 の、詳細は下記でまとめています。参考にしてください。

iPhone SE3 のデメリット

こちらも、なかなか、買うところまで、踏み込めない、デメリットが、2つあります。

  • 小さすぎる4.7 インチ ディスプレイ
  • シネマスティックモード 機能非搭載

小さすぎる 4.7 インチ ディスプレイ

個人的に、4.7インチは、小さすぎます。

携帯性には、優れているかと思いますが、ディスプレイが小さいのは、使い易さに、影響します。

少なくとも、ASUS「Zenfone 9」の、5.9インチは、欲しいところです。

ASUS「Zenfone 9」については、下記でまとめています。参考にしてください。

シネマスティックモード 機能非搭載

iPhoneの、シネマスティックモードは、iPhone13 から搭載されています。

Google Pixelの、シネマスティックぼかしと同じで、背景をぼかした、動画を撮ることができます。

残念ながら、iPhoneSE3 には、非搭載の機能です。

まとめ_一括価格高騰「Google Pixel 6a」「iPhone SE3」廉価版2機種

Google Pixel 6a と、iPhone SE3 の、価格動向と、各スマホの特徴、デメリットなどを、まとめました。

それにしても、一括:1円で、販売していた面影は、何処に行ってしまったのか…。

それでも、一括価格で、販売しているので、実質価格で販売している、iPhone13 や、Google Pixel 7 よりは、ましなのかもしれません。

今後の、動向も、注視していきたいと思います。

閲覧いただき、ありがとうございました。]

コメント

タイトルとURLをコピーしました