「vivo S16 Pro」デュアルSIM「DSDV」対応のハイエンドスマホの価格とスペック

vivo

2022年12月に、vivoが、中国で、vivo S16 シリーズを発売しました。

vivo S16 シリーズは、S16 Pro、S16、S16e の、3機種になります。

本日はこの中から、最上位の、ハイエンドスマホ、vivo S16 Pro の価格、スペック、特徴を確認していきます。

「vivo S16 Pro」デュアルSIM「DSDV」対応のハイエンドスマホの価格

中国スマホメーカーの、vivo が、2022年12月に発売した、vivo S16 シリーズ

  • vivo S16 Pro
  • vivo S16
  • vivo S16e
vivo S16 Pro

上記、3機種の中から、最上位の、S16 Pro に迫っていきたいと思います。

プロセッサーに、MediaTek Dimensity 8200 を搭載した、低価格ハイエンドスマホになります。

最近、流行となったのか、この価格が普通なのか、定かでなくなってた、低価格ハイエンドスマホ

中国メーカーが、発売するハイエンドスマホは、日本円に換算すると、驚く価格になっていることが多くなってきています。

Qualcomm Snapdragon 8 Gen 2 を搭載した、Xiaomiの、Redmi K60 Pro も、驚く価格です。

まずは、vivo S16 Pro の主な特徴から、紹介していき、次に価格を見ていきたいと思います。

vivo S16 Pro の主な特徴

vivo S16 Pro カラー
  • プロセッサー:MediaTek Dimensity 8200
  • メモリー LPDDR58GB/12GB
  • ストレージ UFS3.1256GB/512GB
  • 6.78 インチ 有機ELディスプレイ
  • メイン5000万画素 トリプルカメラ
  • バッテリー:4500mAh 66W 急速充電
  • nanoSIM × 2 デュアルSIM DSDV
  • OS OriginOS 3 (Android 13ベース)
  • 5G値通信対応

vivo S16 Pro の価格

仕様中国元換算日本円
(参考)
8GB + 256GB2999元約 57,400円
12GB + 256GB3299元約 63,100円
12GB + 512GB3599元約 68,900円

日本円は、中国元から、日本円に換算した、参考価格となります。

ハイエンドスマホ「vivo S16 Pro」のスペック

項目仕様
プロセッサーMediaTek Dimensity 8200
OSOriginOS 3
Android 13ベース
メインメモリー8GB/12GB
ストレージ容量256GB/512GB
ディスプレイ6.78″ FHD+
解像度2400 × 1080
リフレッシュレート120Hz
アウトカメラトリプルカメラ
・メイン5000万画素
・超広角800万画素
・マクロ200万画素
フロントカメラ5000万画素
バッテリー容量4500mAh
NFC
デュアルSIMnanoSIM × 2 DSDV
充電コネクタUSB TYPE-C
サイズ164.1mm
74.8mm
7.36mm
重量182g
カラーブラック
グリーン

ハイエンドスマホ「vivo S16 Pro」の特徴

MediaTekプロセッサー「システム性能」

vivo S16 Pro システム性能
  • プロセッサーに、MediaTek Dimensity 8200 を採用
  • メモリー LPDDR5 8GB/12GB 搭載
  • ストレージ UFS3.1 256GB/512GB搭載
  • OS OriginOS 3(Android 13ベース)
  • 5G値通信対応

プロセッサーに、MediaTek Dimensity 8200を搭載した、ハイエンドスマホになります。

メモリー、ストレージも高速仕様となっていて、ストレージは、最低でも、256GBと、大容量です。

OSは、Android 13ベースの、OriginOS 3 が搭載され、Xiaomiや、OPPOと同じく、Androidベースの、独自OSになります。

6.78インチ「ディスプレイ性能」

vivo S16 Pro ディスプレイ性能
  • 6.78 インチ 有機ELディスプレイ
  • 10.7 億色表示

6.78インチと、大型サイズの、有機ELディスプレイを採用しています。

大きいディスプレイで有名な、モトローラよりも、サイズが大きいです。

6.78インチは、ゲーミングスマホサイズで、ASUSのゲーミングスマホ「ROG Phone 6」と同じサイズになります。

ASUS ゲーミングスマホ「ROG Phone 6」は、下記でまとめていますので、参考にしてください。

トリプルカメラ「カメラ性能」

vivo S16 Pro カメラ性能
  • 5000万画素 + 800万画素 + 200万画素
  • トリプルカメラ搭載
  • フロント:5000万画素

メイン 5000万画素の、トリプルカメラ搭載です。

フロントも、5000万画素のカメラを搭載し、オードフォーカスにも対応しています。

自撮り重視の方にとっては、有難いポイントの1つです。

vivoの、ハイエンドスマホで、1型センサーを採用した、Vivo X90シリーズがあります。インパクトがあり、使ってみたいスマホの1つです。

Vivo X90 Pro+ を、下記でまとめていますので、参考にしてください。

4500mAh「バッテリー性能」

vivo S16 Pro バッテリー性能
  • 大容量バッテリー:4500mAh
  • 66W 急速充電

66Wの急速充電対応です。

最近の、ハイエンドスマホでは、100W級の急速充電が、当たりまとなりつつあります。

日本で発売の、Xiaomi 12T Pro も、120W急速充電対応です。下記でまとめていますので、参考にしてください。

デュアルSIM DSDV

  • nano SIM × 2
  • DSDV対応

デュアルSIM DSDV対応になります。

中国発売のスマホでは、当たり前の、DSDV対応です。日本発売のスマホの、シングルSIMは、止めていただきたいと切に願う、今日この頃です。

DSDVのメリット、DSDAの情報なども含め、下記でまとめていますので、参考にしてください。

スタイル・形状

vivo S16 Pro スタイル
  • サイズ:164.1mm × 74.8mm × 7.36mm
  • 重量:182g
  • カラー:ブラック、グリーン
  • カメラ横に、リング形状のLED配置

6.78 インチと大型のディスプレイを採用していながらも、重量:182g は、注目のポイントになります。

厚みも、7.36mm と薄く、スタイリッシュな形状となっています。

大きさの割には、携帯性には、優れていそうです。

カメラの横に、リング形状のLEDを配置しています。今まで見たことが無い、配置で、初々しい感じです。

まとめ_「vivo S16 Pro」デュアルSIM「DSDV」対応のハイエンドスマホ

2022年12月に、中国で発売された、vivo S16 シリーズから、vivo S16 Pro について、まとめました。

日本では、正規に発売されていないメーカーなので、知らない方も多いかと思いますが、中国では、シェアトップ争いをするほどの、スマホメーカーです。

日本への展開も、考えているようですが、今のところ、叶っていません。

ローエンドから、ハイエンドまで、ラインナップが揃っているので、今後の日本展開に、期待したいと思います。

vivo S16 Pro の詳細は、下記、vivo中国公式HPで確認して下さい。

vivo中国公式HP

閲覧いただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました