2022年「Xiaomi」新機種「Xiaomi 12 Lite」を中国で発表

Xiaomi

2022年7月9日、グローバイル向けに、「Xiaomi 12 Lite」が発表されました。

日本発売のアナウスはありませんが、MI 11 lite 5G の後継機種として、注目されています。

2022年の、新機種として、発売に、期待しています。

Xiaomi 12 Lite

2022年7月に、Xiaom が、発表した新機種で、ミドルレンジスマホになります。

MI 11 lite 5G の後継機種として、日本での発売に期待が、集まっているので、スペック・特徴など、まとめてみたいと思います。

Xiaomi 12 Lite

メインカメラに、1億800万画素の、高画素数カメラを搭載し、リフレッシュレート:MAX 120Hzの有機ELディスプレイなど、ミドルレンジの中でも、ハイスペックな、仕様が、特徴のスマホになります。

MI 11 lite 5G と、比較しつつ、検証していきたいと思いますが、まずは、価格から、見ていきます。

MI 11 lite 5Gの、スペック仕様については、下記で、まとめていますので、参考にしてください。

価格

価格は、ドルベースの価格で、日本円は、ドルから換算した、参考価格となりますので、注意してください。

Xiaomi 12 Lite価格(ドル)価格(円換算)
(参考価格)
6GB+128GB399約60,000円
8GB+128GB449約67,000円
8GB+256GB499約75,000円

昨今の、円安の影響で、単純計算すると、高くなります。、

「Xiaomi 12 Lite」のスペック

項目Xiaomi 12 Lite
プロセッサーQualcom Snapdragon 778G
OSMIUI 13
Android12 ベース
メインメモリー6GB/12GB
ストレージ容量128GB/256GB
ディスプレイ6.55″ FHD+
有機ELディスプレイ
解像度2400 x 1080
リフレッシュレート120Hz
アウトカメラトリプルカメラ
・メイン1億800万画素
・超広角800万画素
・マクロ200万画素
フロントカメラ3200万画素
バッテリー容量4,300mAh
NFC
デュアルSIMnanoSIM × 2
DSDV
充電コネクタUSB TYPE-C
サイズ159.3mm
73.7mm
7.29mm
重量173g
カラーライトピンク
ライトグリーン
ブラック

「Xiaomi 12 Lite」の特徴

Snapdragon 778G 5G搭載の「システム性能」

  • プロセッサー:Qualcomm製「Snapdragon 778G 5G」を搭載
  • メモリー LPDDR4:最大 8GB 搭載
  • ストレージ UFS2.2:最大 256GB 搭載
  • 5G通信対応
Xiaomi 12 Lite システム性能

MI 11 lite 5Gは、「Snapdragon 780G」です。プロセッサーは、ほぼ、同等で、スペックアップとは、なっていません。

メモリー、ストレージについては、6GB/128GBから、最大値は、増えたものの、その分、価格も上昇するので、何とも言い難いところです。

ミドルレンジとしては、ハイスペック仕様と言えることは確かです。

ディスプレイ性能

  • 6.55インチ「FHD+」解像度「2400 x 1080」
  • リフレッシュレート:MAX 120Hz
  • 有機ELディスプレイ
  • Corning「Gorilla Glass5」
Xiaomi 12 Lite ディスプレイ性能

リフレッシュレートが、前期種 90Hz から、120Hzに、引き上げられています。Xiaomiの、120Hzは、Redmi Note 11 Pro 5G などでも、実績があるので、安心できます。

ディスプレイ性能は、前期種より、アップしていると言えます。

Redmi Note 11 Pro 5G については、下記で、紹介していますので、参考にしてください。

1億800万画素の「カメラ性能」

  • メイン:1億万画素超えの、高画素数カメラ
  • トリプルカメラ搭載
  • 3200万画素のフロントカメラ
Xiaomi 12 Lite カメラ性能

前期種の、メイン6400万画素から、1億800万画素のカメラに、スペックアップしました。1億万画素超えのカメラも、Xiaomiとして、日本市場投入済みで、実績ありの、スペックです。

忘れてはならないのが、フロントカメラの、強化です。オートフォーカス付きで、1/2.8インチの、大型センサーを搭載し、自撮りでも、高画質で美しく撮れます。

個人的に、Xiaomiのスマホで、一番好きなのが、「Xiaomi Civi 1S」 自撮りを強化した、究極スマホになります。

スタイル・外観

  • サイズ:159.3mm×73.7mm×7.29mm
  • 重量:173g
  • カラー:ライトピンク、ライトグリーン、ブラック
Xiaomi 12 Lite カラー

前期種が、厚み:6.81mm、重量:159g なので、厚くなって、重くなりました。残念な部分ではありますが、それでも、7.29㎜ の、173g は、薄型、軽量モデルと言えます。

ピンク、グリーンなどの、カラーと合わせて、女性受けする、スタイリッシュな、デザイン形状と、言えます。

デュアルSIM DSDV搭載

  • nanoSIM × 2

大事な、機能の1つです。

スマホに、依存している現在、一旦、通信障害が、起きると、パニック状態です。

そんな時、役に立つのが、DSDVになります。2つのSIMを、1台のスマホに、入れることにより、一方が、ダメになっても、もう一方で、カバーできます。

DSDVの詳細は、下記でまとめていますので、参考にしてください。

今持っているスマホでも、DSDVが、使えると思います。iPhoneも、DSDV デュアルSIM対応です。

先日の、電波障害の際、私は、DSDVで乗り切りました。下記でまとめていますので、参考にしてください。

まとめ

2022年7月発売される、「Xiaomi 12 Lite」をまとめてみました。

MI 11 lite 5G の、後継機として、日本発売が、噂されている、ミドルレンジスマホになります。

カメラ性能、ディスプレイ性能が、スペックアップしています。あと、気になるのは、日本に投入された場合の、価格です。

昨今の円安が、どこまで影響するのか、心配です。

7月の中国発売では、その他にも、ハイエンドスマホ、Xiaomi 12S シリーズがあります。

こちらは、プロセッサーに、最新の、「Qualcom Snapdragon 8+ Gen 1」を搭載した、ハイスペック仕様の、スマホです。

Xiaomi 12S Ultra を中心に、下記でまとめていますので、参考にしてください。

Xiaomi 12 Lite の詳細は、下記、中国Xiaomi公式HPで、確認して下さい。

中国Xiaomi公式HP

閲覧いただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました