投げ売り「Xiaomi 13T」UQモバイルが安い_auは実質47円

Xiaomi
記事内に広告が含まれています。

2023年12月8日に発売された、Xiaomi 13Tが、Xiaomiストア以外に、auと、UQモバイルから発売されています。

一括投げ売り価格で発売されているのが、UQモバイルで、実質投げ売り価格での販売が、auになります。

長く使うなら、UQモバイル。2年で返却を考えているのなら、au が安いです。

投げ売り「Xiaomi 13T」UQモバイルが安い_auは実質47円

2023年12月8日に、Xiaomiから、Xiaomi 13Tシリーズが発売されました。

  • Xiaomi 13T・・・au、UQモバイル
  • Xiaomi 13T Pro・・・ソフトバンク、格安SIM IIJmio、イオンモバイル
投げ売り「Xiaomi 13T」UQモバイルが安い

先日、Xiaomi 13T Pro を、価格情報など含めて、まとめたので、本日は、Xiaomi 13Tの価格情報、特徴、スペックなど、まとめていきます。

Pro と名が付くように、Xiaomi 13T Proの方が、スペックは上になりますが、Xiaomi 13Tも、ハイエンドスマホと言えるスペックとなっています。

スペックなどに、大きな差は無いので、価格差がある分、Xiaomi 13Tは、低価格ハイエンドスマホと言っても過言ではありません。

まずは、au、UQモバイルの投げ売り価格と、購入条件をまとめていきます。

ちなみに、Xiaomi 13T Proの価格情報、スペックなどは、下記でまとめているので、参考にしてください。

投げ売り UQモバイルが安い「Xiaomi 13T」の価格

価格
au74,800円
UQモバイルオンライン52,800円

UQモバイルが発売している、Xiaomi 13Tが安いです。

この価格で買うには、次項で説明の条件がありますが、投げ売りと言えるほどの安さでの販売です。

同じハイエンドスマホで、日本シェアNo1の、iPhoneから、iPhone13の一括価格情報を、下記でまとめています。参考にしてください。

投げ売り 実質47円 au の、Xiaomi 13Tの購入条件

投げ売り 実質47円 au の、Xiaomi 13Tの購入条件
  • auへのMNP転入
  • 22歳以下は、新規でも可

auは、他と違ってプランの指定が無いのが、特徴で、投げ売りの、47円/2年 となっています。

実質価格なので、2年後に返却する必要があります。

12月27日から、1円スマホが消滅の危機となっています。下記でまとめているので、参考にしてください。

投げ売り 一括価格 UQモバイルの、Xiaomi 13Tの購入条件

投げ売り 一括価格 UQモバイルの、Xiaomi 13Tの購入条件
  • UQモバイルへMNP転入
  • トクトクプラン 又は、コミコミプランへの加入
  • 増量オプションⅡへの加入

auと違い、UQモバイルオンラインでは、一括価格での販売です。

見た目高いですが、ハイエンドスマホのこの価格は、投げ売り価格と言えます。

UQモバイルが、販売している、総額価格のスマホを、下記でまとめています。参考にしてください。

auとUQモバイル コスパが良いのはどっち?!

auとUQモバイル コスパが良いのはどっち?!

auは、2年後の返却が必要な実質価格です。

2年後に買い取る選択をする可能性があるのであれば、圧倒的に、UQモバイルの一括価格の方が安いです。

支払った時点で、自分の物になるので、他のスマホを買ったとき、売ることもできます。

一方、実質価格は、2年間、レンタルしているイメージになるので、自分の物とは言えません。

コスパが良いのは、UQモバイルで間違いないです。

UQモバイル

ちなみに、格安SIMイオンモバイルが実施していた、WAONポイント還元キャンペーンを下記でまとめています。参考にしてください。

デュアルSIM Xiaomi 13T の主な特徴

デュアルSIM Xiaomi 13T の主な特徴
  • プロセッサー:MediaTek Dimensity 8200-Ultra
  • メモリー:LPDDR5 8GB
  • ストレージ:UFS 3.1 256GB
  • 6.7インチ 有機ELディスプレイ
  • リフレッシュレート 144Hz
  • メイン:5000万画素、1/1.28インチセンサー
  • 望遠:5,000万画素 1/2.88 インチセンサー
  • 超広角:1,200万画素 1/3.06インチセンサー
  • フロントカメラ:2000万画素カメラ
  • nanoSIM + eSIM デュアルSIM DSDV対応
  • 防水防塵性能:IP68
  • おサイフケータイ搭載
  • OS:MIUI 14( Android 13 ベース)

デュアルSIM Xiaomi 13T のスペック

項目仕様
プロセッサーMediaTek Dimensity 8200-Ultra
OSMIUI 14
Android 13 ベース
メインメモリー8GB
ストレージ容量256GB
ディスプレイ6.7″ FHD+
解像度2712 × 1220
リフレッシュレート144Hz
アウトカメラトリプルカメラ
・メイン5,000 万画素
・超広角1,200 万画素素
・望遠5,000 万画素
フロントカメラ2,000万画素
バッテリー容量5,000mAh
NFC
おサイフケータイ
デュアルSIMnanoSIM + eSIM DSDV
充電コネクタUSB TYPE-C
サイズ76mm
162mm
8.7mm
重量197g
カラーアルパインブルー
メドウグリーン
ブラック

前機種である、Xiaomi 12T Proを下記でまとめています。参考にしてください。

デュアルSIM Xiaomi 13T の特徴

ハイエンド「システム性能」

ハイエンド「システム性能」
  • プロセッサー:MediaTek Dimensity 8200-Ultra
  • メモリー:LPDDR5 8GB
  • ストレージ:UFS 3.1 256GB
  • OS:MIUI 14( Android 13 ベース)

Xiaomi 13T Proと比較して、大きな違いが、プロセッサーになります。

ベンチマークテストの結果を見ると、約30%程の減少している結果が見られます。

しかしながら、通常使っている中で、この違いを、体感で分かることは、無いかと思います。

メモリーも、8GBと、Proの、12GBと、差がありますが、8GBあれば、十分なスペックと言えます。

スマホ ヘビーユーザーで無ければ、ハイエンドスマホとして、十分なスペックが搭載されています。

ハイエンドスマホでは、iPhone、Google Pixel の実売の、実質価格を下記でまとめています。

参考にしてください。

メイン5000万画素「カメラ性能」

メイン5000万画素「カメラ性能」
  • メイン:5000万画素、1/1.28インチセンサー
  • 望遠:5,000万画素 1/2.88 インチセンサー
  • 超広角:1,200万画素 1/3.06インチセンサー
  • フロントカメラ:2000万画素カメラ

カメラ性能は、Xiaomi 13T Proと、ほぼ、変わらない仕様となっています。

大型センサーを採用した、トリプルカメラを搭載しています。

ライカ監修のカメラとはなっていませんが、期待ができる、カメラ性能となっています。

カメラ性能は、下記でまとめている、ソニーの、イメージセンサーを採用した、OPPOのミドルレンジスマホも、負けてないです。

6.7インチ「ディスプレイ性能」

6.7インチ「ディスプレイ性能」
  • 6.7インチ 有機ELディスプレイ
  • リフレッシュレート 144Hz
  • タッチサンプリングレート:最大480Hz

ディスプレイも、13T Proと、変わらないスペックとなっています。

大型のディスプレイと、ハイスペックリフレッシュレートで、滑らかで、ダイナミックな、ディスプレイに期待が持てます。

6.7インチは、大きなサイズですが、Google Pixel 8 Proも同サイズになります。

下記でまとめているので、参考にしてください。

デュアルSIM DSDVと対応バンド

  • nanoSIM + eSIM
  • デュアルSIM DSDV

Xiaomi 13T Pro と、同スペックです。

デュアルSIM DSDV対応なので、2つの回線を、使い分けて使用できます。

対応バンドも同じなので、4G通信に限っては、どのキャリアでも、問題なく使えます。

5G通信は、ドコモの、通信バンド n79非対応で、Xiaomi 13T Proと同じになります。

デュアルSIM DSDVについては、下記でまとめているので、参考にしてください。

スタイル・外観・ボディ性能

スタイル・外観・ボディ性能
  • サイズ:166mm × 76mm × 8.7 mm
  • 重量:197g
  • 防水防塵性能:IP68
  • おサイフケータイ搭載
  • カラー:アルパインブルー、メドウグリーン、ブラック

Xiaomi 13T Proと比較して、若干、軽くなっています。

カラーなども、Xiaomi 13T Proと同じです。

おサイフケータイ、防塵防水にも対応しているので、普段使いで、欲しい機能は、入っていると言えます。

ボディ、スタイルに関しては、日本では発売されていませんが、下記でまとめている、CIVIシリーズが一番だと思っています。

まとめ:投げ売り「Xiaomi 13T」UQモバイルが安い_auは実質47円

2023年12月8日に発売された、Xiaomiのハイエンドスマホ をまとめました。

  • Xiaomi 13T
  • Xiaomi 13T Pro

本日は、上記2機種のうち、Xiaomi 13T を、中心にまとめています。

スペックなど比較しつつまとめていますが、違いが少ないので、コスパが良いのは、Xiaomi 13T の方かと思います。

47円の実質価格も魅力的ですが、UQモバイルから発売の、一括価格の方が、得だと感じます。

2年でスマホを回転させている方にとっては、47円の方が安いですが、長く使いたい場合などは、一括価格で、スマホを自分の物にした方が、お得です。

Xiaomi 13Tの詳細と、UQモバイルの最新情報については、下記、UQモバイル公式HPで確認してください。

UQモバイル

閲覧いただき、ありがとうございました。

Xiaomi
orangewaveをフォローする
IIJmio
IIJmioはドコモ網もau網もどっちも選べる!

◎ 2022年 オリコン顧客満足度R調査 格安SIM 第1位
◎ 5GB 990円 (2023年4月より)
◎ 通話専用アプリ不要(2023年4月より)
◎ 余ったデーターは、翌月繰り越し
◎ 違約金、MNP転出手数料無し
◎ MVNO格安SIM 最大手

irumo
irumo

◎ 安心・安全の、ドコモ回線
◎ 月額料金が安い
◎ 0.5GB/550円の最安プラン
◎ 違約金・転出・最低利用期間無し
◎ セット割りで、低価格

nuroモバイル

◎ ソニーグループが提供する、格安SIM
◎ 5GB 990円
◎ 通話専用アプリ不要
◎ 余ったデーターは、翌月繰り越し
◎ 通話重視ユーザー向けに「かけ放題プラン」を追加
◎ SONY Xperia のキャンペーン価格などがある

UQモバイル

◎ 安心・安全の、au回線
◎ トクトクプラン/コミコミプラン/ミニミニプラン
◎ ネット回線とセットで割引
◎ 違約金・転出・最低利用期間無し
◎ スマホも安い

[DSDV] モバイル_格安スマホ デジ blog

コメント

タイトルとURLをコピーしました