ハイエンドスマホ「POCO F4 GT」発売_ゲーミングスマホとしても活躍

POCO

2022年4月26日から、海外で「POCO F4 GT」が、発売されています。

「OnePlus Ace」と同日に、POCOからも、ハイエンドスマホ「POCO F4 GT」が発売です。

ここでも、「OPPO」「Xiaomi」のバトルが、始まっています。

日本で正式発売は、無いと思いますが、「POCO F4 GT」を紹介したいと思います。

POCO F4 GT

日本で馴染みの「Xiaomi」。Xiaomiの、ハイグレードブランドが、「POCO」になります。

そんなPOCOから、2022年4月26日に、海外で「POCO F4 GT」発売されましたので、検証してみます。

POCO F4 GT

先日、「OPPO」傘下の、OnePlusから「OnePlus Ace」を紹介したばかりで、発売日が同日となっています。バチバチと、バトルが、繰り広げられている感があります。

今回の、「POCO F4 GT」も、プロセッサーに、「Snapdragon 8 Gen 1」を採用した、ハイグレードスマホとなっており、ゲーミングスマホとしての要素である、物理スイッチなども、搭載しています。

注目の、ハイグレードスマホと言えます。

価格

価格(ユーロ)価格(円換算)
(参考価格)
8GB+128GB499ユーロ約68,000円
12GB+256GB599ユーロ約82,000円

日本円は、ユーロから、円換算した、価格になります。日本発売での価格ではありませんので、あくまでも、参考程度としてください。

「POCO F4 GT」のスペック

項目POCO F4 GT
プロセッサーQualcomm Snapdragon 8 Gen 1
OSMIUI 13 for POCO
Android12ベース
メインメモリー8GB/12GB
ストレージ容量128GB/256GB
ディスプレイ6.67″ FHD+
解像度2,400 x 1,080
リフレッシュレート120Hz
アウトカメラトリプルカメラ
・メイン6400万画素
・超広角800万画素
・マクロ200万画素
フロントカメラ2000万画素
バッテリー容量4,700mAh
NFC
デュアルSIMnanoSIM×2
DSDV
充電コネクタUSB TYPE-C
サイズ162.5mm
76.7mm
8.5mm
重量210g
カラーナイトシルバー
ステルスブラック
サイバーイエロー

「POCO F4 GT」の特徴

システム性能

POCO F4 GTシステム性能
  • プロセッサー:Qualcomm製「Snapdragon 8 Gen 1」搭載
  • メモリー:LPDDR5「8GB/12GB」搭載
  • ストレージ:UFS3.1「128GB/256GB」搭載
  • 5G通信対応

「OnePlus Ace」は、MediaTek製 「Dimensity 8100-MAX」でしたが、本機は、Qualcomm製「Snapdragon 8 Gen 1」を搭載しています。どちらも、ハイエンドスマホに採用する、CPUになります。

メモリー「LPDDR5」対応、ストレージ「UFS3.1」と、こちらも、ハイエンドスマホに相応しい、スペックです。

POCO F4 GT ハイスペックメモリー

「POCO F4 GT」は、その他にも、ゲーミングスマホとしての要素も含まれているので、価格的には、こちらの方が、高くなっています。

ゲーミングスマホは、今年発売の「REDMAGIC 7」「Black Shark5 Pro」を、下記で紹介してますので、参考にしてください。

磁気ポップアップトリガー

POCO F4 GT スイッチ

物理スイッチである、「磁気ポップアップトリガー」を搭載しています。ゲーム用のスイッチになるので、ゲーミングスマホとして、ゲームユーザー向けとしても、利用できます。

放熱性能

POCO F4 GT 冷却性能

こちらも、ゲーミングスマホとしては、必須機能になります。長時間プレイ時に、いかにして、放熱させるか、大事な要素です。

放熱材を、駆使することにより、多層冷却機能を取り入れ、放熱性能を、向上させています。

クアッドスピーカー

POCO F4 GT クアッドスピーカー

2つの「スピーカー」と、2つの「ウーファー」を組み合わせた、クアッドスピーカーシステムを搭載してます。

高音から低音まで、4つのスピーカーで、聞けることになります。ゲームユーザーにとっては、一度は、体験してみたい、音質になります。

ゲームユーザーでなくても、通常の音楽を聴いてみたら、どの様に聞こえるのか? 試してみたいスマホと言えます。

ディスプレイ性能

POCO F4 GT ディスプレイ性能
  • リフレッシュレート:120Hz
  • タッチサンプリングレート:480Hz
  • 超解像度タッチ:10800 × 24000

滑らかな視覚表示で、細部を見逃すことが無く、敏感にあらゆるタッチに反応できるディスプレイになっています。

ここまでくると、ゲーミングスマホとして、発売しているような気がしてなりません。

カメラ性能

POCO F4 GT  カメラ性能
  • メイン「6400万画素」トリプルカメラ搭載
  • フロントカメラ「2000万画素」
  • リアカメラ:メイン「IMX686センサー」搭載
  • フロントカメラ:「IMX596センサー」搭載

リアカメラメインと、フロントカメラに、ソニーのセンサーを採用した、高画質カメラを搭載しています。カメラ性能も、抜かりない、ハイスペック仕様です。

バッテリー性能

POCO F4 GT バッテリー
  • 120W急速充電対応
  • 4,700mAh 大容量バッテリー

120Wの急速充電に対応しています。ゲーミングスマホとしても、十分なスペックです。

デュアルSIM

nanoSIM × 2 の、DSDVになります。2枚のSIMで、活躍場面が増えます。

DSDVについては、下記で、特徴など紹介していますので、参考にしてください。

カメラ周りのLED表示

POCO F4 GT 通知LED

メール、着信などを、見逃さないため、カメラ周りが、LEDで光ります。

同じ機能を、「OPPO Reno7 Lite 5G」でも採用しています。「OPPO Reno7 Lite 5G」は、下記で紹介してますので参考にしてください。

まとめ

Xiaomiの、ハイグレードブランド「POCO」から、「POCO F4 GT」をまとめてみました。

通常の、ハイエンドスマホに、ゲーミングスマホとしても、問題なく使える要素を、織り込んだ、スマホになっています。

日本への正式展開は、ありませんが、ゲーミングスマホとして、日本に投入しても、面白いのではないかと、感じてます。

なぜか、ゲーミングスマホは、ハイエンドなのに、10万円をゆうに切る価格で、販売されており、理由も良く分かりません。

耐久性、冷却性能、物理スイッチなど、プラスされている要素が多いのに、価格は他の、ハイエンドスマホより、安いといった、面白いスマホです。

「POCO F4 GT」の、詳細は、下記POCO公式HPで確認してください。

「POCO」公式HP

Xiaomi「ハイエンドスマホ」

日本に投入されている、Xiaomiの、ハイエンドスマホは、「Xiaomi 11T Pro」があります。「Xiaomi 11T Pro」については下記で紹介していますので、参考にしてください。

「Xiaomi 11T Pro」は、10万を超える、ハイエンドスマホが多いなか、OCNモバイルで、約65,000円 程で、購入できます。

OCNモバイルは、他にも、安いスマホを扱っているので、気になる方は、下記、公式HPで、確認してみてください。

ちなみに、OCNモバイルの最大の利点は、「通話専用アプリ不要」です。

アプリ不要については、下記で詳しく、説明していますので、併せて、確認してみください。

閲覧いただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました