「OnePlus 11」デュアルSIM「ハイエンドスマホ」の価格とスペック特徴

OnePlus

2023年1月に、OnePlus が、中国で発売した、OnePlus 11 を、まとめていきます。

Qualcomm Snapdragon 8 Gen 2 を搭載した、ハイエンドスマホになります。

2月に発売された、同社の、低価格ハイエンド「OnePlus Ace 2」と、比較しつつ、スペック特徴を確認します。

「OnePlus 11」デュアルSIM「ハイエンドスマホ」の価格とスペック特徴

2023年1月に、中国で発売された、OnePlus 11 の、スペックと、特徴をまとめます。

OnePlus 11

先日紹介した、OnePlus Ace 2 と比較すると、価格が高いですが、スペックも、さらにハイスペックとなっています。

OnePlusのスマホは、アマゾンなどでも購入できますが、正式に、日本向けの販売を行っていません。

POCO同様に、OnePlusの日本参画に、期待しています。

OnePlus Ace 2 については、下記でまとめていますので、参考にしてください。

まずは、OnePlus 11 の、価格と、主な特徴からまとめていきます。

OnePlus 11 の 価格

仕様中国元換算日本円
12GB+256GB3999元約77,700円
16GB+256GB4399元約85,500円
16GB+512GB4899元約95,200円

日本円は、中国元から、換算した、参考価格になりますので、注意してください。

OnePlus Ace 2 の主な特徴

  • プロセッサーに、Qualcomm Snapdragon 8 Gen 2 を採用
  • メモリー LPDDR5 12GB/16GB 搭載
  • ストレージ UFS 4.0 256GB/512GB 搭載
  • 6.7インチ 有機ELディスプレイ
  • 解像度:QHD+ 3216 × 1440
  • メインカメラ:5000万画素 SONY IMX890 1/1.56型センサー搭載
  • 超広角カメラ:4800万画素 SONY IMX581 センサー搭載
  • 望遠カメラ:3200万画素 SONY IMX709 センサー搭載
  • nanoSIM × 2 デュアルSIM DSDV
  • バッテリー:5000mAh、100W急速充電対応
  • ColorOS 13.0(Android 13ベース)
  • 5G通信対応
OnePlus 11 スペック

前機種である、OnePlus 10 Pro 5G を、下記でまとめています。参考にしてください。

OnePlus 11 のスペック

項目仕様
プロセッサーQualcomm Snapdragon 8 Gen 2
OSColorOS 13.0
Android 13ベース
メインメモリー12GB/16GB
ストレージ容量256GB/512GB
ディスプレイ6.7″ QHD+
解像度3216 × 1440
リフレッシュレート120Hz
アウトカメラトリプルカメラ
・メイン5000万画素
・超広角4800万画素
・望遠3200万画素
フロントカメラ1600万画素
バッテリー容量5,000mAh
NFC
デュアルSIMnanoSIM × 2 DSDV
インターフェイスUSB TYPE-C
サイズ163.1mm
74.1mm
8.53mm
重量205g
カラーブラック
グリーン

OnePlus 11 の特徴

ハイエンド「システム性能」

ハイエンド「システム性能」
  • プロセッサーに、Qualcomm Snapdragon 8 Gen 2 を採用
  • メモリー LPDDR5 12GB/16GB 搭載
  • ストレージ UFS 4.0 256GB/512GB 搭載
  • OS ColorOS 13.0(Android 13ベース)
  • 5G通信対応

プロセッサーに、Qualcomm Snapdragon 8 Gen 2 を搭載した、ハイエンドスマホです。

メモリー、ストレージ容量は、OnePlus Ace 2 と同じです。

Qualcomm Snapdragon 8 Gen 2 搭載のスマホが、だいぶ増えてきた印象です。

先日まとめた、モトローラのハイエンドスマホ、motorola edge 40 pro も、同じプロセッサーを搭載しています。

Qualcomm Snapdragon 8 Gen 2 搭載のスマホ が、日本で発売されるのも、近いかもしれません。

SONY IMX890センサー搭載「カメラ性能」

SONY IMX890センサー搭載「カメラ性能」
  • メイン 5000万画素 SONY IMX890 1/1.56型センサー搭載
  • 超広角 4800万画素 SONY IMX581 センサー搭載
  • 望遠 3200万画素 SONY IMX709 センサー搭載
  • トリプルカメラ
  • フロント:1600万画素カメラ

メインの、5000万画素カメラに、SONYのイメージセンサー、1/1.56型 SONY IMX890センサーを採用しています。

トリプルカメラ構成ですが、すべてのセンサーが、SONY IMX センサーとなっているので、カメラ性能は、期待が持てます。

メインカメラは、OnePlus Ace 2 と同じですが、他は、画素数を含めて、性能が向上していると言えます。

SONYのイメージセンサーを採用しているのは、ハイエンドスマホで多く、ASUSの、Zenfone 9 も、SONYのイメージセンサーを搭載しています。

6.7インチ「ディスプレイ性能」

6.7インチ「ディスプレイ性能」
  • 6.7インチ 有機ELディスプレイ
  • 解像度:QHD+ 3216 × 1440
  • リフレッシュレート:120Hz

6.7インチの、有機ELディスプレイを採用しています。

解像度も高く、OnePlus Ace 2 の FHD+ とは、比較にならないと感じます。

価格の違いは、システム、カメラだけでは無く、ディスプレイにも、現れています。

親会社である、OPPOのハイエンドスマホ、Find X6 Pro の解像度は、WQHD+ となっています。

下記でまとめていますので、参考にしてください。

デュアルSIM「DSDV」と対応バンド

  • nanoSIM × 2 (グローバル版は eSIM
  • デュアルSIM DSDV
  • 4G LTE FDD: 1/2/3/4/5/7/8/12/17/18/19/20/26/28A/66
  • 4G LTE TDD: バンド 34/38/39/40/41
  • 5Gバンド: n1/n3/n5/n7/n8/n20/n28A/n38/n40/n41/n66/n77/n78

nanoSIM × 2 の DSDVに対応していますが、DSDAに対応しているかは、不明です。

グローバル版は、eSIMにも対応しているようです。

相変わらず、中国ブランドのスマホは、n79 に対応していません。

日本の、ドコモ以外は、必要ないと言うことかと思います。

デュアルSIM DSDVの詳細は、下記でまとめていますので、参考にしてください。

100W急速充電「バッテリー性能」

100W急速充電「バッテリー性能」
  • 大容量:5000mAh
  • 100W急速充電対応
  • SUPERVOOC 充電

バッテリー寿命を延ばすための、いたわりながら充電する、SUPERVOOC充電機能が搭載されています。

100Wの急速充電対応も、重要なポイントの1つです。

まとめ:「OnePlus 11」デュアルSIM「ハイエンドスマホ」の価格とスペック特徴

OnePlusが、2023年1月に、中国で発売した、OnePlus 11 の、スペックと、特徴をまとめました。

低価格ハイエンドとして売り出されている、OnePlus Ace 2 と比較しつつ、確認しました。

日本円に換算した価格で、約2万5千円の差があります。

たしかに、それだけの性能差は、あると感じますが、どちらが最善かは、分かりません。

OnePlus Ace 2 の、ハイエンドスマホなのに、日本円換算の参考価格で、5万円台も、非常に魅力的です。

OnePlus 11 の、詳細は、下記、OnePlus中国公式HPで確認して下さい。

OnePlus中国公式HP

閲覧いただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました