ハイエンド「Xiaomi 13T Pro」IIJmioは投げ売り価格販売

Xiaomi
記事内に広告が含まれています。

Xiaomi 13T、Xiaomi 13T Pro の、2機種のハイエンドスマホが、2023年12月8日に日本発売されました。

販売は、Xiaomi 13Tが、au、UQモバイルで、Xiaomi 13T Proが、ソフトバンク、格安SIMから発売されます。

格安SIM IIJmio からは、乗り換え限定で、投げ売り価格で発売されています。

ハイエンド「Xiaomi 13T Pro」IIJmioは投げ売り価格販売

Xiaomiから、2023年12月8日に、2機種のハイエンドスマホが発売されました。

  • Xiaomi 13T
  • Xiaomi 13T Pro

本日は、Xiaomi 13T Pro を中心にまとめていきたいと思います。

ハイエンド「Xiaomi 13T Pro」

Xiaomi 13T Pro は、大手MNOからは、ソフトバンクからの発売となりますが、格安SIMからも発売されます。

そして、スマホを、低価格で発売している、格安SIM IIJmio からは、またも、MNP乗り換えセールとして、投げ売り価格で発売されています。

まずは、Xiaomi 13T シリーズの価格から、確認していきたいと思います。

ちなみに、格安SIM IIJmioからは、下記でまとめている、AQUOS sense8 が、投げ売りセール価格で販売されていて、注目を集めています。

ハイエンド「Xiaomi 13T」の価格

価格
au74,800円
UQモバイル52,800円

UQモバイルの価格は、下記の条件となっています。

  • UQモバイルへの乗り換え
  • コミコミ/トクトクプラン加入
  • 増量オプションⅡ への加入

UQモバイルの上記条件では、下記でまとめているような、ハイエンド、ミドルレンジスマホも、同条件でとなっています。

ハイエンド「Xiaomi 13T Pro」の価格

価格
ソフトバンク114,480円
Xiaomiオンラインストア109,800

ソフトバンクと、Xiaomi公式オンラインストアの価格になります。

キャンペーンなどの情報は、入っていませんが、2023年12月27日から、スマホの値引き規制が厳しくなることが予想されています。

値引き規制については、下記でまとめているので、参考にしてください。

ハイエンド「Xiaomi 13T Pro」格安SIM IIJmioの価格

価格
格安SIM IIJmio72,800円
イオンモバイル109,780円
ハイエンド「Xiaomi 13T Pro」格安SIM IIJmioの価格

ソフトバンク、Xiaomi公式、イオンモバイルと比較すると、格安SIM IIJmio の安さが、際立っています。

乗り換えが、条件となっていますが、格安SIMなので、月額のプラン料金も安くなっています。

最新の情報は、下記で、格安SIM IIJmio 公式HPで確認してください。

IIJmio

ハイエンド「Xiaomi 13T Pro」の主な特徴

ハイエンド「Xiaomi 13T Pro」の主な特徴
  • プロセッサー:MediaTek Dimensity 9200+
  • メモリー:LPDDR5 12GB
  • ストレージ:UFS 4.0 256GB
  • メイン:5000万画素、1/1.28インチセンサー
  • トリプルカメラ
  • 6.7インチ 有機ELディスプレイ
  • リフレッシュレート 144Hz
  • nanoSIM + eSIM
  • デュアルSIM DSDV対応
  • 5000mAh大容量バッテリー搭載
  • 120W 急速充電対応
  • 防水防塵:1P68
  • OS:MIUI 14( Android 13 ベース)

日本では、iPhoneのシェアが、No1 です。

同じ、ハイエンドスマホ、 iPhone13の価格を下記で比較しています、参考にしてください。

ハイエンドスマホ Xiaomi 13T Proのスペック

項目仕様
プロセッサーMediaTek Dimensity 9200+
OSMIUI 14
Android 13 ベース
メインメモリー12GB
ストレージ容量256GB
ディスプレイ6.7″ FHD+
解像度2712 × 1220
リフレッシュレート144Hz
アウトカメラトリプルカメラ
・メイン5,000 万画素
・超広角1,200 万画素素
・望遠5,000 万画素
フロントカメラ2,000万画素
バッテリー容量5,000mAh
NFC
おサイフケータイ
デュアルSIMnanoSIM + eSIM DSDV
充電コネクタUSB TYPE-C
サイズ76mm
162mm
8.6mm
重量206g
カラーアルパインブルー
メドウグリーン
ブラック

ハイエンドスマホ Xiaomi 13T Proの特徴

ハイエンド「システム性能」

ハイエンド「システム性能」
  • プロセッサー:MediaTek Dimensity 9200+
  • メモリー:LPDDR5 12GB
  • ストレージ:UFS 4.0 256GB
  • OS:MIUI 14( Android 13 ベース)

プロセッサーに、MediaTek製の、Dimensity 9200+を搭載しています。

4nmプロセスで製造された、プロセッサーで、LPDDR5 メモリーと、UFS 4.0ストレージを合わせて、快適に使えることに、期待が出来ます。

ミドルレンジスマホのメモリー容量が、8GBになりつつあるので、ハイエンドは、12GBが標準になってきたと言えます。

メモリー12GBのハイエンドは、Xperia 1 V と同じになります。下記でまとめているので、参考にしてください。

メイン5000万画素「カメラ性能」

メイン5000万画素「カメラ性能」
  • メイン:5000万画素、1/1.28インチセンサー
  • 望遠:5,000万画素 1/2.88 インチセンサー
  • 超広角:1,200万画素 1/3.06インチセンサー
  • フロントカメラ:2000万画素カメラ

大きなセンサーサイズを使っているので、カメラ性能にも、期待できます。

Xiaomi lmaging Engine で、画像補正、カラー補正、撮影速度向上など、様々なシーンで、活用できる、カメラ用の、システムが搭載されています。

Xiaomiは、ライカ監修スマホを、販売していますが、Xiaomi 13T Pro は、ライカの文字は入っていません。

それでも、カメラ性能には、期待できそうです。

日本では、発売されていませんが、下記でまとめている、Xiaomi 13 は、ライカ監修の、スマホになります。

6.7インチ「ディスプレイ性能」

6.7インチ「ディスプレイ性能」
  • 6.7インチ 有機ELディスプレイ
  • リフレッシュレート 144Hz
  • タッチサンプリングレート:最大480Hz

ハイエンドスマホらしく、リフレッシュレート144Hzは、さすがです。

有機ELディスプレイと、高リフレッシュレート、そして、6.7インチと大きめのディスプレイで、ダイナミックで、滑らかな、表示に、期待できます。

6.7インチディスプレイサイズは、前期種である、Xiaomi 12T Proと同じサイズになります。

下記でまとめているので、参考にしてください。

デュアルSIM DSDVと対応バンド

  • nanoSIM + eSIM
  • デュアルSIM DSDV対応
  • 5G通信バンド:n3/ 28/ 41/ 77/ 78
  • 4G通信バンド:B1/ 2/ 3/ 4/ 5/ 7/ 8/ 12/ 13/ 17/ 18/ 19/ 20/ 26/ 28 / 38/ 39/ 40/ 41/ 42

nanoSIM+eSIMの、デュアルSIM DSDV対応です。

一方で、対応バンドは、いつものごとく、ドコモ5G通信バンド:n79は非対応になっています。

Xiaomiだけでなく、OPPO、モトローラなどのスマホも、n79非対応スマホは、多いです。

4G通信バンドは、ドコモ、au、ソフトバンク、楽天モバイルの、通信バンドに対応しているので、問題なく使えます。

デュアルSIM DSDVについては、下記で、詳細をまとめているので、参考にしてください。

5000mAh「バッテリー性能」

5000mAh「バッテリー性能」
  • 5000mAh大容量バッテリー搭載
  • 120W 急速充電対応

120W急速充電対応の、5000mAhバッテリー搭載です。

付属の充電器を使うことで、19分で、充電完了となっています。

急速充電気が付属しているのも、嬉しいポイントで、Xiaomiならではの、特徴となります。

急速充電は、同じハイエンドスマホ、Galaxy S22 も対応しています。

下記で、Galaxy S22の、価格情報などまとめていますので、参考にしてください。

まとめ:ハイエンド「Xiaomi 13T Pro」IIJmioは投げ売り価格販売

Xiaomi 13T シリーズが、2023年12月8日に、発売となったので、スペック、特徴などをまとめました。

  • Xiaomi 13T
  • Xiaomi 13T Pro

本日は、ソフトバンクと、格安SIMから発売されている、Xiaomi 13T Proを中心に、まとめています。

格安SIM IIJmioからは、いきなりの、セール価格で、気になるとことです。

おサイフケータイや、防水防塵機能も、搭載されているので、普段の仕様で、困ることは無いかと思っています。

前期種である、Xiaomi 12T Proの、今後の価格にも注目です。

どちらも、格安SIM IIJmioで扱っているので、価格変動に、注視していこうと思います。

格安SIM IIJmioの詳細は、下記、IIJmio公式HPで確認してください

IIJmio

閲覧いただき、ありがとうございました。

Xiaomi
orangewaveをフォローする
IIJmio
IIJmioはドコモ網もau網もどっちも選べる!

◎ 2022年 オリコン顧客満足度R調査 格安SIM 第1位
◎ 5GB 990円 (2023年4月より)
◎ 通話専用アプリ不要(2023年4月より)
◎ 余ったデーターは、翌月繰り越し
◎ 違約金、MNP転出手数料無し
◎ MVNO格安SIM 最大手

irumo
irumo

◎ 安心・安全の、ドコモ回線
◎ 月額料金が安い
◎ 0.5GB/550円の最安プラン
◎ 違約金・転出・最低利用期間無し
◎ セット割りで、低価格

nuroモバイル

◎ ソニーグループが提供する、格安SIM
◎ 5GB 990円
◎ 通話専用アプリ不要
◎ 余ったデーターは、翌月繰り越し
◎ 通話重視ユーザー向けに「かけ放題プラン」を追加
◎ SONY Xperia のキャンペーン価格などがある

UQモバイル

◎ 安心・安全の、au回線
◎ トクトクプラン/コミコミプラン/ミニミニプラン
◎ ネット回線とセットで割引
◎ 違約金・転出・最低利用期間無し
◎ スマホも安い

[DSDV] モバイル_格安スマホ デジ blog

コメント

タイトルとURLをコピーしました