2022年12月 新スマホ DSDV対応_OPPO Reno9 Pro+ を中国発売

OPPO
記事内に広告が含まれています。

2022年11月、OPPOが、中国で、新スマホ「OPPO Reno9 」シリーズを、発表しました。

先日、Reno9 Pro の詳細をまとめましたので、本日は、シリーズ最上位の、OPPO Reno9 Pro+ をまとめていきたいと思います。

Qualcomm Snapdragon 8+ Gen 1 を搭載した、ハイエンドスマホになります。

2022年12月 OPPO、新スマホ DSDV対応_OPPO Reno9 Pro+ を中国で発売

OPPOが、中国で、2022年12月2日から、新スマホ、「OPPO Reno9 」シリーズを発売します。

その中から、デュアルSIM DSDVに対応した、OPPO Reno9 Pro+ をまとめてきます。

シリーズ最上位の、ハイエンドスマホで、OPPO Reno9 Proとは違い、プロセッサーに、Qualcomm Snapdragon 8+ Gen 1 を搭載しています。

OPPO Reno9 Pro は、こちらで、まとめていますので、参考にしてください。

「OPPO Reno9 」シリーズ

  • OPPO Reno9
  • OPPO Reno9 Pro
  • OPPO Reno9 Pro+

OPPO Reno9 Pro+ の主な特徴

OPPO Reno9 Pro+ の、主な特徴は、以下になります。メモリー・ストレージ容量が、半端ないです。

  • プロセッサーに、Qualcomm製、Snapdragon 8+ Gen 1 を搭載
  • メモリー 16GB 、ストレージ 256GB/512GB 搭載
  • メイン 5000万画素の、トリプルカメラ搭載
  • OPPO独自チップ、カメラ用「MariSilicon X」搭載
  • 6.7インチ、有機ELディスプレイ リフレッシュレート120Hz
  • nanoSIM × 2 デュアルSIM DSDV対応
  • 4,700mAhバッテリー搭載、80W急速充電

価格

OPPO Reno9価格(中国元)参考価格(円換算)
8GB + 256GB2,499元48,300円
12GB + 256GB2,699元52,000円
12GB + 512GB2,999元57,800円
OPPO Reno9 Pro価格(中国元)参考価格(円換算)
16GB + 256GB3,499元67,500円
16GB + 512GB3,799元73,300円
OPPO Reno9 Pro+価格(中国元)参考価格(円換算)
16GB + 256GB3,999元77,200円
16GB + 512GB4,399元85,000円

日本円は、中国元から、日本円に換算した参考価格となります。

OPPO Reno9 Pro+ のスペック

項目仕様
プロセッサーQualcomm Snapdragon 8+ Gen 1
OSColorOS 13
Android 13 ベース
メインメモリー16GB
ストレージ容量256GB/512GB
ディスプレイ6.7″ FHD+
解像度2,412 x 1,080
リフレッシュレート120Hz
アウトカメラトリプルカメラ
・メイン5000万画素
・超広角800万画素
・マクロ200万画素
フロントカメラ3200万画素
バッテリー容量4,700mAh
NFC
デュアルSIMnanoSIM × 2 DSDV
充電コネクタUSB TYPE-C
サイズ161.5mm
73.6mm
7.99mm
重量192g
カラーブラック
ゴールド
グリーン

OPPO Reno9 Pro+ の特徴

ハイエンド「システム性能」

  • プロセッサーに、Qualcomm Snapdragon 8+ Gen 1 を採用
  • メモリー LPDDR5 16GB 搭載
  • ストレージ UFS3.1 256GB/215GB 搭載
  • 5G通信対応

OPPO Reno9 Proは、MediaTek製プロセッサーとなっていましたが、Pro+ は、Qualcomm Snapdragon 8+ Gen 1 になります。

日本で、2022年11月に、発売されたばかりの、ASUS「Zenfone 9」と、同じ、プロセッサーになります。

メモリーは、LPDDR5 16GB。これだけの容量は、どのスマホより、上になります。

OPPO独自チップ、カメラ用「MariSilicon X」を搭載しているので、チップの性能を最大限引き出すのに、メモリーが必要なのかもしれません。

システム性能は、ハイエンドスマホの中でも、上位に位置する、スペック仕様となっています

6.7インチ 「デュスプレイ性能」

  • 6.7インチ、有機ELディスプレイ
  • リフレッシュレート 120Hz

6.7インチの、大型の、有機ELディスプレイになります。

OPPO Reno9 Pro と、変わらないスペックになります。

5000万画素「カメラ性能」

  • メインカメラ:5000万画素 トリプルカメラ搭載
  • カメラ専用チップ:MariSilicon X 搭載
  • フロントカメラ:3200万画素

OPPO Reno9 Pro 同様に、OPPOが、開発した、独自チップ、MariSilicon X を搭載しています。

OPPO Find X5 Proの発売から、気になっているチップではありますが、日本へは、上陸してないので、機能を、試すことが出来ていません。

MariSilicon X は、OPPO Reno8 Pro にも搭載されています。こちらも、日本では、発売されていません。

下記で、まとめていますので、参考にしてください。

何気に、フロントカメラも、3200万画素と、自撮り高品質を意識した、ハイスペック仕様となっています。

スタイル・形状

  • サイズ:161.5mm × 73.6mm × 7.99mm
  • 重量:192g
  • カラー:ブラック、ゴールド、グリーン

薄型軽量の、スタイリッシュな、デザインとなっています。

OPPO Reno9 Pro の厚みが、7.19mm、重量:174g なので、プラスになって、厚みも重量も増えたことになります。

デュアルSIM

  • nanoSIM × 2
  • DSDV対応

デュアルSIM、DSDV対応です。

5G通信バンドは、n79が、非対応です。

  • LTE FDD: バンド 1/3/4/5/7/8/18/19/26/28A
  • LTE TDD: バンド 34 /38/39/40/41
  • 5G NR: n1/n5/n8/n28A/n41/n77/n78

ドコモ系SIMの、5G通信は、フルに使えませんが、他については、問題なさそうです。

ただし、日本で正式に、発売されているわけでは、無いので、日本で使えるかどうかは、不明です。

デュアルSIM DSDVについては、下記でまとめています。

参考にしてください。

4700mAh 「バッテリー性能」

  • 80W 急速充電対応
  • 4,700mAh 大容量バッテリー搭載

Pro は、67W急速充電対応でしたが、プラスになって、さらに、80W の急速充電対応となっています。

形状、重量の観点から、安易に、バッテリー容量を増やすことが出来ないので、急速充電で、補っています。

まとめ

2022年12月2日に、中国で、発売が開始される、「OPPO Reno9 」シリーズから、OPPO Reno9 Pro+ を、まとめました。

OPPO Reno9 Proと比較して、主に以下が変わっています。

  • プロセッサー、Qualcomm Snapdragon 8+ Gen 1
  • カメラが、トリプルカメラ
  • バッテリー容量
  • 急速充電 80W
  • 寸法・重量

価格としては、1万程度の差なので、Pro+ の方が、良いかもしれません

そもそも、どちらも、ハイエンドなのに、低価格の設定になっています。最近はやりの、低価格ハイエンドスマホと言えます。

日本発売に、期待したいと思います。

OPPO Reno9 Pro+ の詳細は、下記、OPPO中国公式HPで、確認して下さい。

OPPO中国公式HP

閲覧いただき、ありがとうございました。

OPPO
orangewaveをフォローする
IIJmio
IIJmioはドコモ網もau網もどっちも選べる!

◎ 2022年 オリコン顧客満足度R調査 格安SIM 第1位
◎ 5GB 990円 (2023年4月より)
◎ 通話専用アプリ不要(2023年4月より)
◎ 余ったデーターは、翌月繰り越し
◎ 違約金、MNP転出手数料無し
◎ MVNO格安SIM 最大手

irumo
irumo

◎ 安心・安全の、ドコモ回線
◎ 月額料金が安い
◎ 0.5GB/550円の最安プラン
◎ 違約金・転出・最低利用期間無し
◎ セット割りで、低価格

nuroモバイル

◎ ソニーグループが提供する、格安SIM
◎ 5GB 990円
◎ 通話専用アプリ不要
◎ 余ったデーターは、翌月繰り越し
◎ 通話重視ユーザー向けに「かけ放題プラン」を追加
◎ SONY Xperia のキャンペーン価格などがある

UQモバイル

◎ 安心・安全の、au回線
◎ トクトクプラン/コミコミプラン/ミニミニプラン
◎ ネット回線とセットで割引
◎ 違約金・転出・最低利用期間無し
◎ スマホも安い

[DSDV] モバイル_格安スマホ デジ blog

コメント

タイトルとURLをコピーしました