スライドキーボート搭載スマホ「Astro Slide」先行販売

キーボート搭載スマホ

プラネットコンピューターズが、スライドキーボート付きスマホ「Astro Slide」を、先行販売しています。

先行販売は、応援購入サービス「Makuake」。

「5G通信」にも対応した、「Astro Slide」の、実力に迫ってみます。

「Astro Slide」

プラネットコンピューターズから、待望の、「スライドキーボード」搭載のスマホが、先行販売されています。

プラネットコンピューターズは、ロンドンを拠点とする、スマートデバイスの開発企業になります。

応援購入サービスである、「Makuake」で、先行販売中で、「2022年4月末までに発送」となっています。

価格

価格状況
定価130,000円
超早割:30% OFF89,999円受付終了
早割:22% OFF99,999円受付中
特別価格:15% OFF109,999円受付中
2台まとめ買い189,999円受付中
5台まとめ買い429,999円受付中

超早割は、すでに、「受付終了」となっています。

仕様・スペック

項目Astro Slide
プロセッサーMediaTek Dimensity 800
OSAndroid 11
メインメモリー8GB
ストレージ容量120GB
ディスプレイ6.39″ FHD+
解像度2,340×1,080
アウトカメラシングルカメラ
メイン4800画素
フロントカメラ1300万画素
バッテリー容量4,000mAh
NFC
デュアルSIMnaoSIM×2・eSIM_DSDV
インターフェイスUSB TYPE-C
サイズ172.4mm
76.5mm
17.8mm
重量300g
カラーブルー

特徴

スライドキーボード搭載

最大の特徴は、なんといっても、スライドキーボート搭載。スマホの入力に、慣れてない方や、長文を書く方にとっては、重宝します。

普段、閉まっておけば、通常のスマホと、何ら変わりません。若干、厚くて、重くなりますが、「キーボード付き」のメリットに比べれば、気にはなりません。

英語キーボードのほかに、「日本語キーボード」も、選択でき、キーボードには、バックライトが付いていますので、暗いところでも、見やすくなっています。

スライドキーボード付きスマホについては、下記でも、「F(x)tec Pro1」を紹介していますので、参考にしてください。

プロセッサーに「MediaTek Dimensity 800」を搭載

  • メモリー「8GB」搭載
  • ストレージ「128GB」搭載
  • OS「Android 11」
  • 5G通信対応

「キーボード」搭載だけではありません。ハイエンドスマホに近い、スペックを誇っています。

OSに、純正「Android 11」を使っており、且つ、「5G通信」にも対応しているので、サクサク、動作すること間違いなしです。

「DSDV」対応

  • nanoSIM × 2
  • eSIM × 1

残念ながら、3つのSIMで、スタンバイすることは、出来ませんが、どれを使うかを選択できます。

「nanoSIM + nanoSIM」 又は 「nanoSIM + eSIM」

設定で変更できるようなので、途中で組合せを変えることができます。

また、SIMスロットは、3スロットになっているので、nanoSIM×2 で利用していても、「SDカード」を使うことが可能です。

メイン4800万画素のカメラ搭載

センサーに、ソニー製を使った、4800万画素のカメラ搭載しています。

その他

  • 「4,000mAh」の大容量バッテリー搭載
  • 6.39インチ「FHD+」有機ELディスプレイ搭載

まとめ

「Astro Slide」キーボード搭載の、スマホの、スペック、特徴を、まとめました。

外回りが多い方の中には、キーボードを持ち歩いている方も、いるかと思います。その様な方にとっては、待望の、スマホの登場です。

かろうじて、両手打ちが出来る大きさになっているようなので、「ブラインドタッチ」も、可能ではないかと思います。

キーボード付きの、「スマホCASE」も、以前は、見かけたこともありますが、最近では、全く見なくなりました。

スマホに「キーボードが欲しい」と考えている方にとっては、朗報では、ないでしょうか?

「5G通信」にも対応し、十分なスペックも有しているので、スマホ自体の性能も、抜群です。

気になる方は、下記、「Makuake」のHPで、詳細を確認してみてください。

閲覧いただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました