DSDS対応「F(x)tec Pro1」スライド式キーボード搭載のスペックと特徴

Fxtec_Proキーボート搭載スマホ

2020年7月に発売された、「スライド式キーボード」付きの「F(x)tec Pro1」を紹介したいと思います。

物理キーボードの付いた、珍しいスマホになります。

「DSDS」搭載で、デュアルSIMに、対応しているところが、抜け目ないです。

DSDS対応「F(x)tec Pro1」スライド式キーボード搭載

「F(x)tec Pro1」は、スライド式の、物理キーボードを、搭載しており、面白そうなスマホなので、スペックと、特徴を、確認してみたいと思います。

しかも、デュアルSIMで、DSDS に、対応しています。

キーボードがあれば、 と思うことは、多々あります。

特に、長い文章を書く時など、キーボードがあると、便利です。

iPhone4 スライドキーボード内臓ケース

スライド式のキーボードと聞くと、昔、キーボードを内蔵した、iPhoneのケースを思い出します。

iPhone4 か、5 の時だったと思いますが、購入した記憶があります。

そんな経緯も、あったので、今回の「F(x)tec Pro1」が、目に留まりました。

「F(x)tec Pro1」

「F(x)tec Pro1」のスペック

項目F(x)tec Pro1
CPUQualcomm Snapdragon 835
OSAndroid 9.0
メインメモリー6GB
ストレージ容量128GB
ディスプレイ5.99″ FHD+
AMOLED (有機EL)
解像度2,160×1,080
アウトカメラ2眼
・メイン1200万画素
500万画素
インカメラ800万画素
バッテリー容量3,200mAh
NFC
デュアルSIM
(DSDS)
nanoSIM × 2
SDカード排他利用
充電コネクタUSB TYPE-C
キーボードスライド式QWERTY
物理キーボード

「F(x)tec Pro1」の特徴

5列66キー スライドキーボード搭載

  • 明瞭なクリック感
  • 5列66キー スライド式QWERTY物理キーボード搭載
  • ワンタッチでアプリを呼び出すショートカット機能

最大の特徴である、スライドキーボード搭載です。

キーボードを使った方が、打ちやすいことも、多々あるかと思います。

そんな方のために、、スライドキーボードが、搭載されています。

スライドキーボード搭載スマホは、下記でも、Astro Slide をまとめています。参考にしてください。

システム性能

  • プロセッサーQualcomm Snapdragon 835
  • メモリー6GB
  • ストレージ128GB

2020年7月発売なので、メモリー6GB、ストレージ128GBは、ハイスペック仕様になります。

今でも、十分すぎるほどのスペックです。

日本で人気がでた、OPPO Reno5 A も、6GB/128GB です。

OPPO Reno5 A は、下記でまとめています、参考にしてください。

DSDS対応 デュアルスロット

  • デュアルSIM DSDS
  • SDカードは、SIMとの排他仕様

2枚のSIMを搭載し、DSDSとして、活用できます。

DSDSなので、一方は、3G回線とする必要があります。

ディスプレイ性能

F(x)tec Pro1 操作
  • 5.99″ インチ
  • 解像度:2,160×1,080
  • AMOLED 有機ELディスプレイ

有機ELディスプレイを採用しています。

スライドキーボードが最大の特徴ですが、スマホとしても、ハイスペック仕様となっています。

6インチサイズのスマホは、下記で、ASUS ZenFone Max Pro(M1)をまとめています。参考にしてください。

大容量バッテリー

  • 3,200mAh 大容量バッテリー搭載
  • 急速充電対応

急速充電対応の、3,200mAh 大容量バッテリーを搭載しています。

サイズ・形状

F(x)tec Pro1 外観
  • 154mm x 73.6mm x 13.98mm
  • 重量約243g

さすがに、キーボード搭載と言うことで、厚くて、重いスマホとなっています。

多少重くても、キーボードが必要という方にとっては、重宝するすまほになります。

特化型スマホとして、今回の逆で、小さくて軽い、小型スマホ「Jelly 2」を、下記でまとめています。参考にしてください。

まとめ:DSDS対応「F(x)tec Pro1」スライド式キーボード搭載

最大の特徴は、何と言っても、スライド式、キーボード搭載。

好きな人、こだわりのある人には、たまらない、スマホでは、ないかと思います。

チップセット(CPU)、メモリー、ストレージ容量等も、見劣りしない、十分なスペックを、誇っていると思います。

2020年7月発売で、「F(x)tec Pro1」のスペックを見ると、メモリー6GB、ストレージ128GBと、ハイスペック仕様です。

価格は、高額となりますが、気になる方は、下記、公式HPで、詳細を、調べてみて下さい。

「F(x)tec Pro1」 

閲覧いただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました