日本発売期待「Redmi K60 Ultra」防水防塵対応で中国発売

Xiaomi
記事内に広告が含まれています。

Xiaomiが、Redmi K60 Ultra を中国で発売しました。

低価格ハイエンドスマホで、中国発売ではめずらしい、防水防塵に対応しての発売です。

日本投入も考えての、防水防塵仕様なのかは不明ですが、日本発売に期待したいスマホであることは、間違いないです。

日本発売期待「Redmi K60 Ultra」防水防塵対応で中国発売

Xiaomiが、中国で、Redmi K60 Ultraを発売しました。

日本発売期待「Redmi K60 Ultra」

Dimensity 9200+ を搭載した、ハイエンドスマホですが、価格は、低価格に抑えられていて、また1つ、低価格ハイエンドスマホの登場となります。

カメラに、Sonyの、IMX800センサーを搭載し、カメラ性能を意識したスマホとなっていますが、なんといっても、最大の特徴は、IP68 の防水防塵対応です。

海外では、珍しい、防水防塵対応で、日本発売を意識したスマホなのか? と、勘ぐってしまいます。

まずは、Xiaomiの、Redmi K60 Ultraの、価格と、主な特徴から確認していきます。

ちなみに、Redmi K60 Pro を下記でまとめています。参考にしてください。

日本発売期待「Redmi K60 Ultra」の価格

仕様中国元換算日本円
12GB+256GB2,599元約52,000円
16GB+256GB2,799元約56,000円
16GB+512GB2,999元約60,000円
16GB+1TB3,299元約66,000円
24GB+1Tb3,599元約72,000円

これぞ、低価格ハイエンドスマホと言えます。

日本円は、中国元から換算した、参考価格となりますが、コスパの良いスマホと言えます。

日本発売に、期待したいスマホです。

日本発売期待「Redmi K60 Ultra」の 主な特徴

「Redmi K60 Ultra」の 主な特徴
  • プロセッサー:MediaTek Dimensity 9200+
  • メモリー:LPDDR5 12GB/16GB/24GB
  • ストレージ:UFS4.0 256GB/512GB/1TB
  • 防水・防塵対応:IP68
  • 重量:204g
  • Sony IMX800 1/1.49 インチセンサー搭載
  • 120W急速充電対応
  • デュアルSIM DSDV対応
  • 5G通信対応
  • OS:MIUI 14

Redmi K60 Ultra のスペック

項目仕様
プロセッサーMediaTek Dimensity 9200+
OSMIUI 14
Android 13ベース
メインメモリー12GB/16GB/24GB
ストレージ容量256GB/512GB/1TB
ディスプレイ6.67″
解像度2712 × 1220
リフレッシュレート144Hz
アウトカメラトリプルカメラ
・メイン5,000 万画素
・超広角800 万画素素
・マクロ200 万画素
フロントカメラ2000万画素
バッテリー容量5,000mAh
NFC
デュアルSIMnanoSIM × 2 DSDV
充電コネクタUSB TYPE-C
サイズ162.15mm
75.7mm
8.49mm
重量204g
カラーブラック
ホワイト
グリーン

日本で発売されている、Xiaomiの、ハイエンドスマホは、Xiaomi 12T Pro があります。

詳細を下記でまとめているので、参考にしてください。

Redmi K60 Ultra の特徴

ハイエンド「システム性能」

ハイエンド「システム性能」
  • プロセッサー:MediaTek Dimensity 9200+
  • メモリー:LPDDR5 12GB/16GB/24GB
  • ストレージ:UFS4.0 256GB/512GB/1TB
  • 5G通信対応
  • OS:MIUI 14

MediaTek Dimensity 9200+ を搭載した、ハイエンドスマホになります。

チップは、4nm製造で、Dimensity 9000 と比較して、CPU性能で、約21%向上しているとなっています。

メモリー、ストレージも、高速仕様で、ハイエンドスマホの中でも、トップクラスになります。

メモリー容量の、最小が、12GBと言うことも、特徴ポイントの1つかと思います。

プラスの無い、MediaTek Dimensity 9200を搭載した、ハイエンドスマホには、1型センサーを搭載した、Vivo X90 Pro があります。

下記でまとめていますので、参考にしてください。

形状・スタイル・ボディ・防水防塵

防水・防塵対応:IP68
  • 防水・防塵対応:IP68
  • サイズ:162.15mm×75.7mm×8.49mm
  • 重量:204g

冒頭にも述べていますが、IP68 の防水防塵対応になります。

日本では、馴染みの、防水防塵機能ですが、海外発売スマホでは、対応している機種が少ないです。

防水防塵への対応は、特徴の1つと言えます。

可能性は低いと思いますが、日本発売への布石として、期待したいと思います。

Xiaomi は、ボディ・スタイルと、自撮り用のフロントカメラ性能を強化した、Civi シリーズが、中国で発売されています。

下記で、まとめていますので、参考にしてください。

トリプルカメラ「カメラ性能」

トリプルカメラ「カメラ性能」
  • メイン5000万画素 トリプルカメラ搭載
  • Sony IMX800 1/1.49 インチセンサー搭載
  • フロント:2000万画素カメラ

SONYの、IMX800 イメージセンサーを、メインに搭載した、トリプルカメラ構成となっています。

超広角 800万画素、マクロ 200万画素と、メインの、5000万画素カメラで、写真・ビデオ撮影は、満足のいく、性能が期待できます。

Xiaomiでは、Xiaomi 13 も、同じ SONY IMX800センサーを搭載したスマホとなっています。

下記で、まとめていますので、参考にしてください。

5,000mA「バッテリー性能」

5,000mA「バッテリー性能」
  • 5,000mA バッテリー搭載
  • 120W急速充電対応

120Wの急速充電に対応した、5,000mA 大容量バッテリーとなっています。

急速充電は、100%充電までに、19分となっていて、スキマ時間で、充電が完了してしまう速さとなっています。

Xiaomi では、同じく、中国で発売されている、Xiaomi 13 Proも、120W急速充電対応となっています。

下記でまとめていますので、参考にしてください。

デュアルSIM DSDV対応

  • nanoSIM×2
  • デュアルSIM DSDV対応

nanoSIM × 2 の、デュアルSIM DSDV対応になります。

5G + 5G の、デュアルSIM 構成対応となっているので、時代に合った、スペックと言えます。

デュアルSIM DSDVについては、下記で、詳細をまとめています。

参考にしてください。

5G通信・4G通信の対応バンド

5G通信・4G通信の対応バンド
  • 5G通信:n1/n3/n5/n8/n28a/n66/n38/n41/n77/n78
  • 4G通信:B1/B3/B4/B5/B8/B18/B19/B26/B34/B38/B39/B40/B41/B42/B66

4G通信は、対応バンド数も多いですが、5G通信バンド n79 は非対応となります。

正式に、日本で発売されていないので、日本での使用を、保証したものでは無いので、注意が必要です。

5G通信バンド n79は、ドコモが使っている通信バンドで、日本で正規に販売している、中国ブランドのスマホでも、ほとんどが、対応していないです。

いわくつきの、通信バンド n79ですが、Google Pixel 7a が、対応したことで、注目を集めました。

私も、Google Pixel 7a を、実質1円で購入しています。

まとめ:日本発売期待「Redmi K60 Ultra」防水防塵対応で中国発売

中国で発売された、低価格ハイエンドスマホ Redmi K60 Ultra をまとめました。

中国ではめずらしい、防水防塵 対応で、日本発売にも期待したいほどの、低価格での販売になっています。

カメラに、SONYの、センサーを搭載しているのも、嬉しいポイントの1つです。

最大の特徴は、下記の、5つになります。

  • プロセッサー:MediaTek Dimensity 9200+
  • 防水・防塵対応:IP68
  • Sony IMX800 1/1.49 インチセンサー搭載
  • 120W急速充電対応
  • デュアルSIM DSDV対応

MediaTek Dimensity 9200+ の、AnTuTuベンチ成績は、かなりのもので、性能には、期待が持てそうです。

Xiaomiの、Redmi K60 Ultra の、詳細は、下記、Xiaomi中国公式HPで確認してください。

Xiaomi中国公式HP

閲覧いただき、ありがとうございました。

Xiaomi
orangewaveをフォローする
IIJmio
IIJmioはドコモ網もau網もどっちも選べる!

◎ 2022年 オリコン顧客満足度R調査 格安SIM 第1位
◎ 5GB 990円 (2023年4月より)
◎ 通話専用アプリ不要(2023年4月より)
◎ 余ったデーターは、翌月繰り越し
◎ 違約金、MNP転出手数料無し
◎ MVNO格安SIM 最大手

irumo
irumo

◎ 安心・安全の、ドコモ回線
◎ 月額料金が安い
◎ 0.5GB/550円の最安プラン
◎ 違約金・転出・最低利用期間無し
◎ セット割りで、低価格

nuroモバイル

◎ ソニーグループが提供する、格安SIM
◎ 5GB 990円
◎ 通話専用アプリ不要
◎ 余ったデーターは、翌月繰り越し
◎ 通話重視ユーザー向けに「かけ放題プラン」を追加
◎ SONY Xperia のキャンペーン価格などがある

UQモバイル

◎ 安心・安全の、au回線
◎ トクトクプラン/コミコミプラン/ミニミニプラン
◎ ネット回線とセットで割引
◎ 違約金・転出・最低利用期間無し
◎ スマホも安い

[DSDV] モバイル_格安スマホ デジ blog

コメント

タイトルとURLをコピーしました