「au」「Xiaomi製」格安スマホ「Redmi Note 10 JE」が発売

redmi_note_10_jeau

「au」から、Xiaomi製格安スマホ「Redmi Note 10 JE」が、発売されます。

2021年8月3日から、先行予約が開始され、発売日は、2021年8月13日を予定しています。

「UQモバイル」からも発売を予定しており、こちらは、9月下旬を、予定しています。

Redmi Note 10 JE

「5G」に対応した、ローエンドの「格安スマホ」で、「FeliCa」を搭載「おサイフケータイ」に対応したスマホになります。

価格は、「2万8765円」

特徴としては、下記3点が上げられます。

  • 「5G」対応
  • 「FeliCa」を搭載
  • IPX8 IP6X「防水防塵性能」

「MNO」事業者である、「au」からの発売なので、上記3点は、必要不可欠な項目です。

Xiaomi「Redmi Note」シリーズで、この3点を搭載してきたのは、日本仕様にカスタマイズされた「格安スマホ」であることは、間違いありません。

そんな、「Redmi Note 10 JE」の、スペックと、特徴に迫ります。

「Redmi Note 10 JE」のスペック

項目Redmi Note 10 JE
プロセッサーSnapdragon 480 5G
OSMIUI 12.5
OSAndroid 11ベース
メインメモリー4GB
ストレージ容量64GB
ディスプレイ6.5″ FHD+
解像度2,400 x 1,080
リフレッシュレートMAX:90Hz
アウトカメラ3眼
・メイン4,800万画素
・マクロ200万画素
・深度200万画素
フロントカメラ800万画素
バッテリー容量4,800mAh
おサイフケータイ
充電コネクタUSB TYPE-C

「Redmi Note 10 JE」の特徴

仕様スペックは、オーソドックスな、エントリーモデルの「格安スマホ」になっています。

とは言うものの、普段使いで、十分なスペックになっているので、サクサク動くことは、間違いないです。

システム

  • プロセッサーに、「Qualcomm Snapdragon 480 5G」を搭載
  • メモリーは、普段使いに支障のない、「4GB」搭載
  • ストレージも、十分は、「64GB」搭載

エントリーモデルとしては、全く問題ないスペック仕様になっています。今でこそ、メモリー6GB、8GB と聞きますが、「4GB」あれば、十分です。

カメラ

  • メインカメラ「4800万画素」の、3眼カメラ搭載

ローエンドモデルとは、言えない、ハイスペック仕様です。「4800万画素」メインに、マクロ、深度を含め、3眼仕様となっているので、カメラ性能は、高いと言えます。

ディスプレイ

  • 「6.5インチ」解像度「2,400 x 1,080」
  • リフレッシュレート「MAX:90Hz」

ローエンドとは思えない、スペックです。リフレッシュレート「MAX:90Hz」は、ミドルレンジクラスのスマホと、同等で、滑かな「ディスプレイ」表示になります。

バッテリー

「4,800mAh」の大容量バッテリーを搭載し、18wの急速充電が可能です。十分なスペックと言えます。

付帯機能

  • 「FeliCa」を搭載で、「おサイフケータイ」可能
  • IPX8 IP6X「防水防塵」機能搭載

この2点は、日本で販売するには、欲しい機能です。私も、「おサイフケータイ」搭載機に機種変更しました。

まとめ

「5G」に対応した、au、UQモバイルから、発売される、「Redmi Note 10 JE」を検証してみました。

位置づけとしては、「エントリーモデル」で、価格を抑えて、これから、スマホを使う人や、年配の方を対象としている思いますが、 このスペックであれば、特別な使い方をしていない方であれば、十分使える、スペック仕様だと思います。

KDDI独占販売との、記事も見ますので、ソフトバンクの、「Redmi Note 9T」と同じ感じで販売されると予想されるので、 価格「2万8765円」となっていますが、安くなる余地は、残っているかと思います。

気になる方は、「Xiaomi」又は、「au」の、HPで、確認してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました