イギリスNothing初上陸_デュアルSIM_Nothing Phone (1)

格安スマホ

イギリスの、メーカー「Nothing」が、日本市場で、スマホの販売を、開始します。

1機種目として、「Nothing Phone (1)」が、2022年8月19日に、発売されます。早々と、格安SIを提供している、MVNO事業者「IIJmio」 から、発売の予告がされています。

「Nothing Phone (1)」の実力を検証してみます。

イギリスブランド_デュアルSIM対応_Nothing Phone (1)

2022年8月19日から、日本市場で発売される、「Nothing Phone (1)」

イギリスのメーカー、Nothing が、手がける、ミドルレンジスマホになります。

主な特徴としては、下記があげられます。

  • プロセッサーに、Qualcomm製、最新の、Snapdragon 778G+を搭載。
  • メモリー最大 12GB
  • メインカメラ 5000万画素 Sony IMX766 センサー搭載
  • 背面LEDが光り、着信などを、お知らせ。
  • 60 Hz ~ 120 Hz 可変リフレッシュレート
  • 5G通信対応
  • nanoSIM × 2 デュアルSIM DSDV対応

スペックとしては、限りなく、ハイエンドに近い、ミドルレンジスマホになります。

さすがに、おサイフケータイは、非対応となっていますが、スマホとしての、仕様は、一級品だと思います。

価格

仕様価格
8GB+128GB63,800円
8GB+256GB69,800円
12GB+256GB79,800円

IIJmio 価格

仕様価格
8GB+128GB43,980円
8GB+256GB49,800円
12GB+256GB59,800円
  • 価格は、MNP限定の、特別セール価格になります。
  • 2022年8月19日発売予定です。
  • 期間は、2022年8月31日まで

本機だけでなく、他のスマホも、MNP限定で、特別セール中です。いずれも、期間は、2022年8月31日までなので、気になる方は、早めの契約を、お勧めします。

IIJmio 公式HPで見る

Nothing Phone (1) のスペック

項目仕様
プロセッサーQualcomm Snapdragon 778G+
OSNothingOS
Android 12 ベース
メインメモリー8GB/12GB
ストレージ容量128GB/256GB
ディスプレイ6.55″ FHD+
解像度2,400 x 1,080
リフレッシュレートMax: 120Hz
アウトカメラデュアルカメラ
・メイン5,000万画素
SONY IMX766センサー
・超広角5,000万画素
フロントカメラ1600万画素
SONY IMX471 センサー
バッテリー容量4,500mAh
NFC
おサイフケータイ×
デュアルSIMnanoSIM × 2
DSDV
充電コネクタUSB TYPE-C
サイズ159.2 mm
75.8 mm
8.3 mm
重量193.5 g
カラーホワイト
ブラック

Nothing Phone (1) の特徴

ミドルレンジスマホ「システム性能」

  • プロセッサー:Qualcomm製、Snapdragon 778G+を搭載
  • メモリー:LPDDR5 8GB/12GB 搭載
  • ストレージ:128GB/256GB 搭載
  • 5G通信対応

Qualcomm Snapdragon 778G+ は、1年前程に、リリースされた、プロセッサーになります。日本で発売されているスマホで、搭載されているスマホは、知る限り、ありません。

海外では、モトローラ、Xiaomi などの、スマホに搭載されています。

メモリーなど、ハイエンドに近いスペックも見受けられ、ハイスペックな、ミドルレンジスマホと言えます。

6.55インチ「デュスプレイ性能」

  • 6.55インチ、フレキシブル有機ELディスプレイ
  • リフレッシュレート:最大120Hz
  • Corning製 Gorilla ガラス
  • HDR10+ 対応

ハイエンドと思わせる、申し分ない、スペックとなっています。10 億色の表現と、120Hzの、リフレッシュレートで、滑らかで、美しい表示が可能な、ディスプレイとなっています。

Gorilla ガラス採用で、耐久性にも、優れていると言えます。

SONYセンサーの「カメラ性能」

  • デュアルカメラ搭載
  • メインに、5,000万画素 SONY IMX766_1/1.56 インチ センサー搭載
  • 超広角に、5,000万画素 Samsung JN1 センサー搭載
  • フロントカメラに、1,600万画素 SONY IMX471 センサー搭載

メインカメラに、SONY製の、IMX766センサーを搭載しています。これは、ASUSのハイエンドスマホ、Zenfone 9 と同じです。

フロントカメラにも、SONY製のセンサーを採用しているので、カメラ性能には、期待が持てます

ASUS Zenfone 9 につていは、下記で、まとめていますので、参考にしてください。

スタイル・形状

  • 背面:LED点灯
  • カラー:ブラック、ホワイト
  • サイズ:159.2 mm × 75.8 mm × 8.3 mm
  • 重量:193.5 g

最大の特徴ともいえる、背面のLED。着信などの、通知を表示できるのですが、それを、着信の相手毎、変えることができます

これは、背面一帯に、配置されている、900個のLEDによって、為せる業です。

通知だけではなく、バッテリの残量表示なども、設定可能になっています。

他のスマホには無い、Nothing Phone (1) の特徴になります。

DSDV_デュアルSIM

  • nanoSIM × 2

nanoSIM × 2 の、デュアルSIM_DSDVに対応しています。 デュアルSIMの活用で、通信障害などの、有事の際の、トラブル回避をしましょう。

DSDVの詳細については、下記でまとめていますので、参考にしてください。

まとめ

イギリスの、メーカー「Nothing」の、日本上陸 1機種目の、Nothing Phone (1) について、まとめました。

限りなく、ハイエンドに近い、ミドルレンジスマホになります。

最大に特徴は、背面の、LED 900個です。光らせる方法など、色々、設定できそうで、楽しそうです。

ありそうで、今までは無かった、本機の、特徴的な部分で、試してみたい、機能の1つです。

あとは、SONYのセンサーを使った、5000万画素の、カメラ性能も、期待が持てそうで、実際使ってみたい、機能になります。

本機の、詳細は、下記、Nothing日本公式HPで、確認して下さい。

Nothing日本公式HP

閲覧いただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました