「楽天モバイル」実質1円の「格安スマホ」

UN-LIMITMNO

「楽天モバイル」で、実質1円の「格安スマホ」が出てきました。

「AQUOS sense4 lite」「OPPO A73」の2機種になります。

どちらも人気機種です。

「楽天モバイル」キャンペーン

楽天モバイル が、「格安スマホ」が、実質「0円」になる、キャンペーンを実施中です。

「お乗り換えが超おトク!最大25,000円相当分をポイント還元!」キャンペーン

実質「1円」で購入できる、対象機種は、下記2点になります。AQUOS sense4 liteOPPO A73

楽天モバイルと言えば、段階的な価格設定で、「Rakuten Link」アプリを使用することにより、国内通話料が、無料になることも、有名です。

私も、契約していますが、私の契約時の、ポイント還元は、「楽天スマホ」のみで、Android「格安スマホ」のポイント還元は、やってなかったと思います。

「sense4 lite」「A73」のスペック

項目AQUOS sense4 liteOPPO A73
プロセッサーSnapdragon 720GSnapdragon 662
OSAndroid 10ColorOS 7.2
Android10ベース
メインメモリー4GB4GB
ストレージ容量64GB64GB
ディスプレイ5.8″ FHD+
IGZO
6.4″ FHD+
AMOLED
解像度2,280 x 1,0802,520 x 1,080
アウトカメラ2眼4眼
・メイン1,200万画素1,600万画素
・超広角800万画素
・モノクロ200万画素
・ポートレート200万画素
・望遠800万画素
インカメラ800万画素1600万画素
バッテリー容量4,570mAh4,000mAh
おサイフケータイ×
SIMnanoSIM/eSIM_DSDVnanoSIM/eSIM_DSDV
充電コネクタUSB TYPE-CUSB TYPE-C

「sense4 lite」「A73」の特徴

「共通点」

2機種とも、まとまりのある、スペック仕様になっています。

メモリー4GB、ストレージ64GBは、共通してます。

アウトカメラの「カメラ数に」違いはありますが、ほぼ、同等と考えてよいです。

「nanoSIM」「eSIM」の 「DSDV」 に対応しています。

どちらも、大容量バッテリー搭載です。

「相違点」

「sense4 lite」は、「おサイフケータイ」に対応。「A73」は、未対応です。

「sense4 lite」は、防塵・防水に対応。「A73」は、未対応です。

総合判断として、「sense4 lite」の方が、コスパが良いと言えます。

やはり、「おサイフケータイ」「防塵・防水」に対応しているのは、大きいです。

人それぞれ、必要機能が違いますので、スペックを確認して、判断してみてください。

「楽天モバイル」の料金プラン

データー容量UN-LIMIT VI
~1G0円
1~3G980円
3~20G1980円
20G 超2980円
  • 「Rakuten Link」アプリ を使えば、通話「無料」
  • 「Rakuten Link」アプリ 未使用時は、「30秒20円(税込22円)」
  • パートナーエリアの「データー通信」5Gまで「無料」それ以上は、「有料」
  • 段階的な価格設定で、MAX 2980円
  • 「10分かけ放題」オプション追加

まとめ

楽天モバイル  の、「お乗り換えが超おトク!最大25,000円相当分をポイント還元!」キャンペーン情報でした。

上記の2機種以外にも、今、人気ランキングTOPの、「OPPO Reno5A」も、「20,000円相当のポイント還元」を実施中です。

「20,000円相当ポイント還元」で、実質、「22,980円」で、購入可能です。

その他の「格安スマホ」もキャンペーンで、安くなっているので、 楽天モバイル  の、HPを確認してみてください。

いづれのどの機種についても、 楽天モバイル  「UN-LIMIT VI」契約が必要ですので、料金プランも確認して、検討してみてください。

私は、「データー通信」用として、使っていますが、通信速度は、「さすがMNO」と思える程、満足しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました